薄毛になるパターン|AGAは植毛や発毛治療で克服できる|Thinninghair

AGAによる薄毛はこうやって広がっていく

突然毛がなくなるわけではない

脱毛に関連する病気であれば、突然薄くなるということはありますが、AGAの場合徐々に薄くなるので発見次第治療をすれば、薄毛の進行を食い止められます。まずはパターンを見ていきましょう。

薄毛になるパターン

男の人

日本人に多いM字

生え際から少しずつ薄くなっていき、より進むと真ん中の毛だけを残し、サイドだけ毛がなくなります。髪をかき上げた時にサイドが後退しているようなら高い確率でAGAでしょう。

額が広くなるU字

見た目はまるで侍のような姿で、額はかなり広く見えます。若いころよりも額が広くなってきたと感じるようなら、神戸にあるAGA専門クリニックを受診し、頭皮診断をしてもらいましょう。U字型に禿げた原因が掴めるかもしれません。

てっぺんから剥げるO字

サイドから薄くなると症状に気づきやすいですが、O型は頭のてっぺんから薄くなるので鏡でチェックしたり触ってみたりしないと中々発見できません。そうこうしているうちに着実に進行しますから、親族に禿げている人がいれば定期的にチェックしましょう。

すべて発症する複合型

どれか一つに発症するならまだしもM字、U字、O字すべてを発症するケースもあります。また、他より早く薄毛が進行するので、思い立ったらすぐ対策するのが基本です。

AGAに関する質問

AGA以外にも薄毛になる原因はありますか?

カラーリングを必要以上に行うようなら、薬剤の影響で頭皮に炎症が起こり、抜毛する恐れがあります。また、シャンプーやリンスを十分に落としきれないと同様の事態が発生します。

病院で治療すれば治りますか?

患者の体質によっては治療方法も合う、合わないがあるのでこればかりが一度体験してみないことにはわからないでしょう。専門クリニックであれば、経過を見つつ行うので効果がなければ別の方法を提案してくれるはずです。

すぐに病院へ行けない場合どうすればいいですか

頭皮マッサージを行うか、薄毛の進行をストップさせるアイテムの使用が好ましいですが、医師によるアドバイスが一番いいでしょう。ネットでも気軽に相談できる場所があるのでぜひ活用してください。

病院を受診するタイミングがわかりません

進行するパターンの中で当てはまるものがあるなら、それが受診するタイミングになります。また、ボリュームや毛自体が細くなったという場合も受診対象です。

症状を見ただけでAGAとわかりますか

経験豊富で、AGAについてよく知っている医師なら髪の毛を見ただけでAGAかもと察知するでしょう。後は詳しい検査を行い、さらに掘り下げることで正しく診断してくれます。

広告募集中